郡上藩WEB蔵屋敷 Vol.4

2021.01.24


紐解く「蔵開きのテーマ」


【今話題の集落 六ノ里を紐解く】
なぜ今も昔も、源流集落に人が集まるのか!?
土地にふれ、人に出会い紡ぎ出す。

今回のテーマは【今話題の集落 六ノ里を紐解く】。これまでは何か文化や芸能といったものに焦点を当ててきましたが、今回は【地域そのもの】にスポットを当ててみることにしました。だって、六ノ里(ろくのり)が今、キテるから!白鳥町の奥地、白尾山の麓にあるこの小さな集落で今、様々な取り組みが生まれているのです。外から注目されるだけでなく、郡上に住む私たちだって、気になって仕方がない地域。でも、その魅力がどこからくるのか、はっきりと言葉にはできず・・・。であれば、その魅力の根源を握っていそうな人たちに話を聞きにいき、紐解いていこまいか!というのがこのvol.4の狙いです◎前回までのゲストをおよびしての収録ではなく、WEB蔵屋敷初めてのロケでのお届け!ともに、六ノ里をぶらり歩きましょう〜♪



案内人:井上博斗の想い

「六ノ里」は、まず僕にとっては桃源郷というか、憧れの集落であり続けてきた。猪や鹿、アマゴや鮎料理、カブラ漬けやニシンずしなど、すこぶる美味しい郷土食を食べたのがここであり、唄の名人たちに幾人も出逢ったのがここだった。

集落の背にそびえる白尾山に登っては霊峰白山を拝み、郡上では珍しい夕焼けを眺めては遅くまで宴会をしたり、豊かな昔話を聞いたのがここだった。今回は、WEB蔵屋敷vol.4のロケを通じて、僕が出逢った六ノ里の方々とあらためて対談させてもらい、ずっと感じてきたこの集落の多幸感を「言葉」にしていくという産婆術のような旅となった。

言葉にするのは大変だった。大変だったけど、大きい大きい背中におんぶされているようなこの心地よい旅は、土地の知恵と可能性が、時代の波に揺られながらも、それを受け取る人の手の中で豊かに変化するということを確信させてくれた。なんという楽しい生き様だろう!

これからの生き方を探る人にぜひ見てもらいたいと思う。



本編プロローグ 【大坪良彦さんに聞く】

−人に尋ねよ 道を訪ねよ−

本編事前取材の様子

郡上藩WEB蔵屋敷vol.4で掲げた「今話題の集落 六ノ里を紐解く」にあたって、いつも土地の歴史のこととなるとすぐに電話したり、直接訪ねてはお話をうかがってきた大坪良彦さんに、あらためて話を聞いた。

大坪さんは戦後生まれで、小学四年生のときに買ってもらった写真機を手に六ノ里集落を撮り始めた珍しい子供、いわばカメラ小僧だったという。当時は、村内でもカメラを持っている人がいないわけではなかったが、家族の記念写真や旅行写真が多く、現在公民館や集会所に架けられている昭和40年代前後の祭りや集落の俯瞰景などの写真は、全て大坪さんが撮ってパネルや大判にプリントしたものである。高校生のときには、新聞の写真コンテストに入賞を重ねるようになり、日本の写真教育の母型を作ったという東京綜合写真専門学校に入学。卒業後は写真を仕事にしながらも、やがて大坪家を継ぐべく六ノ里に帰ってきた時、幼い頃に600人もの住民で賑わしかった六ノ里集落は半数を切り始めており、過疎化の一途を辿っていた。大坪さんは、自分がやってきた写真で「ふるさと再発見」と称し、六ノ里をはじめとする郡上の風物をあらためて撮り直しはじめたのである。

ところで、「六ノ里」という地区名の由来は、明治時代の初めに橋詰村、栃洞村、畑ケ谷村、折村、藤林村、高久村が合併し、六ノ里村となったことからきている。その後さらなる合併を経て、現在は郡上市白鳥町六ノ里、という行政区分になった。立地でいうと、岐阜県を南北に流れる長良川上流域、その支流である 「牛道川」両岸にわたる最奥の集落である。海抜は700メートル前後にのぼり、冬は雪深い土地だ。また、牛道川の豊かな水を生んでいるのが白尾山という1600メートルを越えるブナ林豊かな山で、集落の背後に鎮座している。興味深いのは、この六ノ里地区の川沿いに縄文遺跡が幾つか発見されているということ。典型的な河岸段丘上にある縄文遺跡で、水はもちろんのこと、山の幸と川の幸によっぽど恵まれていたんだろうと思う。

大坪さんは、こうした河岸から山にかけて歩き巡りながら、誰も気づかないような石組みや巨石、山を越えて隣村につながる古道の跡をたずねては撮影をしていく。郷土史や資料に残っていないものも大坪さんの探索範囲に入っており、これまで郡上の集落から霊峰白山は見えないと言われてきたが、かつての六ノ里集落からは白山がはるかに見えることを確かめてもきた。それに加えて、大坪家に残された資料や文化財級の遺物も、六ノ里を知る上で欠かせない手がかりとなっているのだ。

時は1221年。千葉氏の一族である東氏が地頭として郡上(美濃国山田荘)へ入部した。鎌倉幕府成立後に起こった天皇方の反乱「承久の変」の論功として、大坪氏や猪俣氏 (本編にも登場する猪俣元子さんの名字の由来)も、この13世紀に東氏の家臣として牛道川添いに入ってきたのである。これは現在もその子孫がいることで辿ることのできる関東からの最初の移住者であり、武士としての移入である。

特に大坪氏は、大坪流という馬術の家元の流れを汲んでいる他、15世紀に東常縁(とうのつねより)から和歌の古今伝授を受けた大坪基清(おおつぼもときよ)という歌人としても名を残している。時は室町時代、東常縁が、連歌師であった飯尾宗祇に古今伝授を行い、和歌を交わし合った時に、側について書記をつとめたのもこの大坪基清なのである。こうしたことは郡上人にもほとんど知られていない郷土史であり、その末裔にあたる大坪良彦さんは、江戸時代から確かめられる大坪家長男が代々名乗った「清兵衛」という名も、この「基清」から来たのではないかと推測している。

その江戸時代に入ると、大坪家は旅館を経営していた本百姓だったそうだ。なぜ、こんな山奥でそんなことが可能だったのだろう。当時、大坪家のある栃洞集落は、現在の大和町母袋や明宝町寒水に抜ける峠道の要所であり、郡上の背骨である小駄良街道に至るためのハブであった。また峠にそびえる白尾山は、栃洞白山神社とともに、藩主が春秋に参詣するほどの別格の信仰を得ていたらしい。山頂にはかつて白尾大権現を祀る堂宇があり、その証拠に堂宇の本尊(十一面観音)は、現在、北側の阿多岐地区の値誓寺におろされている。また、栃洞村よりややくだった対岸、かつての白尾山登拝道には、多屋(大屋)と呼ばれる参詣宿の屋号まで残っており、六ノ里はいわば山里の宿坊とでもたとえられる。

江戸時代中期に入ると、WEB蔵vol.2で特集した「宝暦騒動」(通称郡上一揆)において、 大坪清兵衛は、江戸へ直訴して牢死した義民の一人「栃洞村清兵衛」としても名高い。若い直訴人が多い中、六十を過ぎていたというこの栃洞村の名主は、剣村藤次郎に声をかけられてすぐに応答し、そのまま二人で上京したという逸話すら残っている。4年にわたる裁判闘争において、結果がどうなろうとも声を上げること、団結を固めてたたかい抜くことを郡上一揆の主眼とした根底には、こうした武士から土豪の百姓となった者たちがもっていた誇り高い自治意識や組織力に加え、大坪氏に見られるような文武両道、風流の気勢もあったのではないだろうか。

大坪さんが撮った六ノ里の俯瞰写真を一緒に見ていると、そんな話がぽろぽろとこぼれ出してくる。こんなこともう知らんかな、こういうのがあるんだけど。バッグからはいつの時代か分からない馬鈴や、襖の下貼りから発見された義経の含み状などが造作もなく出てくる。大坪さんが当たり前のように気づいたこと、知っていることに触れ始めると、もうそれまでの自分ではいられない。六ノ里集落が、まったく違う風景として立ち現れてくる。馬や牛の鳴き声が、義経の恨み節やお参りのにぎやかな嬌声が、大坪基清や清兵衛の歌声が聞こえてくる。
大坪良彦さんは語る。さびれる一方だと思っていた故郷に、今若い人が帰って来ている。今こそ撮り語り残していく必要があると。歴史の真っ只中にいるのだと。土地は、じっと待っていては見えてこない。「人に尋ねよ 道を訪ねよ」。そんなことをあらためて思った六ノ里ロケの入り口だった。

本編では、さらに今を生きる六ノ里の方々の言葉に耳をすませながら、ゆっくりと巡っていく予定です。ご期待ください。
配信URLは下記より。




2021.1.31 Vol.4 本編配信URL(プレミアム公開)

Coming soon…




紡ぐ「蔵開きを振り返って」

Coming soon…




#仕事#冬#告知#宝暦義民太鼓#拝殿踊り#暮らし#江戸蔵土産#白山信仰#白鳥おどり#農家さん#郡上の踊り#郡上市大和町#郡上市白鳥町