郡上藩WEB蔵屋敷 Vol.3

2020.11.10


紐解く「蔵開きのテーマ」


【江戸時代から続く里山のクラブカルチャー拝殿踊りとは?】
〜歌と踊りが生み出すグルーヴの秘密〜

郡上藩WEB蔵屋敷vol.3のテーマは、ズバリ「拝殿踊り」です!城下や町場で踊られる郡上踊りや白鳥踊りとは、場所も設定も内容も違う拝殿踊りは、里山のクラブカルチャーなのではないか?そんな仮説を検証すべく、今回は江戸蔵案内人・井上博斗が郡上内外で見聞した民謡や踊りの中で特に衝撃を受けた「拝殿踊り初体験物語」から紐解きます。また、拝殿踊りでしか立ち現れないグルーヴの秘密をつかむべく、ゲストに名音頭取り2人をお招きして実際に歌を掛け合う予定です。もちろん、解説は郷土史家の高橋教雄先生です。江戸時代から続くこのダンス・メディアを表も裏からも探る今回の配信、ぜひチェックしてください!



郡上藩WEB蔵屋敷 vol.3 「延年の遊宴セット!」

今回は、全て白鳥町で生まれ白鳥町で育ったお酒、山芋、お米、梅干しを、その菓子台の供物に見立て、「延年の遊宴セット」としてお届けします!どれも無添加・無着色、全国区の地の逸品です。
かつて宴は、歌(ウタ)と餉(ゲ/食べ物)によって成り立っていたことを心身に蘇らせながら、配信を存分にお楽しみください!

配信日時   : 令和2年11月21日(土)19:00〜21:00( WEB蔵開き開始19:00 )
配信URL    : https://youtu.be/3OGjjKT4RhA

江戸蔵みやげ:5,000円(送料・消費税込)
定  員  :10名
お届け方法 :配信前日までにお届けします
内  容  :延年の遊宴セット

・特別純米酒・元文720ml(原酒造)
・自然薯1本(清流の里しろとり)
・六の里棚田米1.5kg(六ノ里棚田米生産組合)
・延年しそ漬け梅280g(Plum Nature)

※「くくるをめぐる-白山文化の里白鳥」ビジュアル冊子付

お申し込みフォームへ



案内人:井上博斗の想い

もしも「拝殿踊り」に出逢っていなかったら、民謡への、盆踊りへのイメージはまったく違っていたものになっていたと思う。そこには主役も脇役もなく、演者とお客にすら分かれていない、真に掛け合いのステージが展開されていたのだ。今から10年近く前、初心者だった自分も思わず唄いながらその踊りの輪に入っていった。あまりに驚き過ぎて興奮し、むしろ前のめりになったのだ。

「拝殿踊り」は正しく老若男女が入り乱れ、誰が入ってくるか、どんな歌詞を出すかで場の雰囲気はいかようにも変化する。唄には即興あり、笑いあり、失敗ありの世界で、江戸時代から続いているのに、現在もまったくその場の緊張感とエンタメ感が失われていない。そしてその輪に加われば加わるほど各拝殿にいる音頭取り、「レジェンド」たちの凄さもまた分かってきたのだった。

今回は私も歌盃(うたさかずき)を交わしてきた名人たちをゲストに迎え、拝殿踊りの表と裏、歴史と現在を座談しながら、唄の掛け合いを即興で披露。得もいわれぬグルーヴで心地よいWEB蔵屋敷vol.3になるようご案内したい。



ゲスト紹介

【お一人目は日置正樹(ひおきまさき)さん。】
1964年に白鳥町前谷に生まれ、現在も前谷地区在住。幼い頃、とてつもなく楽しそうな大人の世界として憧れた前谷の拝殿踊りが途絶えていたことを憂い、2006年に同地区の仲間たちと復活。「前谷踊りの会」代表をつとめていらっしゃいます。また郡上の俚謡(民謡)の継承活動として「郡上放歌の会」を2018年に立ち上げ。立ち上げ前から指導して頂いている白鳥の民謡レジェンド見付義勝さんに習いながら、現在も会員と一緒に講習活動や、地域の結婚式の祝い唄などの出張依頼も受けています。日置さんは、足袋の実作や、かな書の手習い、郷土食「チソズシ」を母から伝承するなど昔のくらしをかえりみるのが何よりの楽しみだそう。ふだん着としての着物の着くずしなどもめちゃかっこいいのですが、当日をお楽しみに!

【お二人目は猪俣元子(いのまたもとこ)さん】
猪俣元子さんは、1941年生まれ。白鳥町六ノ里地区に生まれ育ち、結婚後も六ノ里在住の79歳です!子供の時から「拝殿踊り」に親しみ、栃洞や平谷、野添といった六ノ里地区を含む旧牛道村の宮での拝殿踊りで唄ってきたといいます。「拝殿踊りは出たとこ勝負」とは本人の弁ですが、これが比類のない即興の名人なのです!僕が郡上で最も衝撃を受けた唄い手の一人です。ちなみに元子さんは、白鳥の唄名人・見付義勝氏の従兄妹にあたり、更に上の世代の六ノ里のレジェンド、故北山勇氏の民謡クラブで一緒に民謡に親しんだといいますから、この六ノ里地区は本当に唄どころだったとことがしのばれます。また、現在はご高齢で拝殿踊りには見えないけれど、まだまだ唄える方がこの辺りには、ごろごろいらっしゃるそうです。そんな元子さんがいつも元気で六ノ里の3つの拝殿に唄い踊りに来られるのは、毎日のお百姓仕事によるものかもしれません。こうした日々の営みと、楽しみだった拝殿踊りの関係を、配信ではお聞きしたいと思います!

【三人目は解説者として、高橋教雄先生】
1945年生まれ。郷土史家。大乗寺住職。郡上市文化財保護協会会長・郡上史談会会長をつとめるなど、郡上地域の歴史研究調査と啓蒙活動を行う。主著に『美濃馬場における白山信仰』『郡上宝暦騒動の研究』、郡上の『歴史探訪』シリーズなど、著作・論文多数



2020.11.21 Vol.3 蔵開き配信URL




紡ぐ「蔵開きを振り返って」

Coming soon…




#仕事#冬#告知#宝暦義民太鼓#拝殿踊り#暮らし#江戸蔵土産#白山信仰#白鳥おどり#農家さん#郡上の踊り#郡上市大和町#郡上市白鳥町