郡上藩WEB蔵屋敷 Vol.1

2020.09.05


紐解く「蔵開きのテーマ」


Vol.1 歌い踊るヒトがつなぐもの
〜生粋の郡上八幡人が語る〜


今年はコロナウィルスの影響により、郡上おどりは全日程を見合わせ。遠方からいらしてくださる皆さんの落胆する姿を目にしながら、郡上に暮らす私たちもなんとも言葉にならない寂しさを感じています。

その一方で、この空白となってしまった期間は、郡上おどりをこれまで以上に楽しみ、親しめる機会をつくり出してくれるのかもしれないと思えるようになりました。

そう、郡上おどりのディープなところに触れてもらおう!私たちが地元のおじさんやおばさんの話をきいて、魅了されてきたように・・・

vol.1 は、郡上の芸能文化の発起人を数多くつとめる古池五十鈴さんと、郡上八幡を代表する郡上節の名手・後藤直弘さん、そして解説には郷土史家の高橋教雄先生に集まっていただき、案内人・井上博斗の進行のもと、地元郡上でしか聞けないような話を座談会形式の講座としてお送りします。

郡上おどりにまつわる思い出話や、弾き手唄い手から見る今の郡上おどり・・・ゲストそれぞれのココロの中にぐーっと潜っていく中で、皆さんにとって郡上おどりの新しい見え方が生まれるような時間となれば幸いです。

遅ればせながら、このお二人に来ていただくということは、もちろん生歌も配信します。きっと、いつもと違った気持ちで唄が入ってくるのではないでしょうか。





Vol.1 歌い踊るヒトがつなぐもの 予告動画




案内人:井上博斗の想い

【精神の地軸が立っている人】

郡上八幡の七不思議のうちの二つは、後藤直弘さんの唄声と、古池五十鈴さんの音頭とり、と私は思っている。お二人とも齢八十を越えているのに、郡上八幡の文化の屋台骨を支える象徴的存在のままというのも凄い。後藤さんの唄う「まつさか」でないと、郡上おどりを踊り明かした気にならない人は多いし、涙する人も少なくない。配信当日も少し唄ってもらう予定だが、あの唄声はいったいどこからきているのだろうか。

また、毎年の江戸落語から上方落語の会の企画運営、句作や新内流し、「八幡小唄」や長唄「花のみよしの」の復元など、郡上八幡の最前線の芸能芸事の多くが、いつも五十鈴さんが店主をつとめる喫茶「門」界隈から渦のように巻き起こっているのは何なんだろうか。音頭はとっているのに淡々としていて真面目に遊んでるよう。不思議さはいやに増すばかりだ。

さて、その底なしのエネルギーをまとったお二人に通底する、気高い芯のようなものがあるとずっと感じてきた。「郡上八幡人」とでも呼びたいような精神の地軸が体にスッと一本通っていて、それにふれるたびに、ああやっぱりこうありたいものだな、と思わせてくれる。

今回はそんな人生の大先達をお招きして、私が最も聞きたい「歌い踊る人がつなぐもの」に関する質問をぶつけてゆくという趣向である。何度となく聞いた話から、初披露の話まで、座談会を生ライブでお届けするなかで、そのお二人の生粋を少しでも浮かび上がらせることができたらと、何を隠そう私が一番楽しみにしている。






ゲスト紹介



【お一人目は、古池五十鈴さん】
1940年生まれ。喫茶「門」の店主。「金儲けよりも人儲け」が信条。長唄「花のみよし野」「八幡小唄」を復元・復活上演を手がける。
郡上八幡文化協会会長、郷土文化誌「郡上II」代表をつとめる他、「昔をどりの夕べ」や、32回続いた「郡上八幡大寄席」を経て現在は10回を迎えた「郡上八幡上方落語の会」など郡上八幡を象徴する芸能文化を支え続ける。

【お二人目は、後藤直弘さん】
1937年生まれ。半世紀以上にわたり「郡上節」の唄い手をつとめる。「郡上おどり保存会」、「郡上おどり八幡おはやしクラブ」その他で唄・おはやしの講師を担う。
2018年にCD『後藤直弘の郡上節 桝田耕三直伝を唄う』を出版。「自分のためではなく人のため」がモットー。

【三人目は解説者として、高橋教雄先生】
1945年生まれ。郷土史家。大乗寺住職。郡上市文化財保護協会会長・郡上史談会会長をつとめるなど、郡上地域の歴史研究調査と啓蒙活動を行う。主著に『美濃馬場における白山信仰』『郡上宝暦騒動の研究』、郡上の『歴史探訪』シリーズなど、著作・論文多数





2020.09.18 Vol.1 蔵開き配信URL

30分の編集バージョン




紡ぐ「蔵開きを振り返って」

Coming soon…




#仕事#冬#告知#宝暦義民太鼓#拝殿踊り#暮らし#江戸蔵土産#白山信仰#白鳥おどり#農家さん#郡上の踊り#郡上市大和町#郡上市白鳥町