郡上藩江戸蔵屋敷 vol.6

郡上踊りと踊り下駄

郡上踊りの文化講座も同時開催

参加申込みをする 

【拡散希望】2018年度 郡上藩江戸蔵屋敷、蔵開き第一弾!!

参加者受付開始いたしました。ーーーーーーーーーーーー

郡上藩江戸蔵屋敷 Vol.6
「郡上踊りと踊り下駄」
~郡上の下駄職人 諸橋有斗直伝 ~

下駄づくりワークショップと郡上踊りの文化講座

郡上の下駄職人、木履代表 諸橋有斗氏による踊り下駄の特徴やルーツの話しを聞き理解を深めた後、実際にお気に入りの鼻緒を選び鼻緒付けワークショップを開催します。(もちろん自分で作った下駄はお持帰り頂けます。)

また、國枝あつさんを講師に招き、踊り助平(踊りが好きな人)からみた踊り下駄の話しや、踊りが美しく見える下駄の扱い方やステップも伝授していただきます。

その他、下駄にまつわる小ネタ情報や企画も考えております。
そして郡上の水にまつわるお土産も持参しての蔵開きとなりますのでお楽しみに。

※応募者多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。
※申込期限6月4日17時まで



日 時:2018年 6月 9日(土)13:00〜16:00予定
会 場:GLOCAL CAFE(東京都港区北青山2-10-29)
参加費:4,500円( 講座参加費・下駄材料費・鼻緒代 )
定 員:30名


講師紹介

講師紹介①:諸橋 有斗(もろはし ゆうと)

1988年生。愛知県尾張旭市出身。
森林文化アカデミーを卒業後、自然と文化に魅せられ郡上に移住。
郡上に400年以上続く「郡上踊り」で使われる下駄が郡上で作られていないことを知り、2014年、郡上の下駄文化を発信するブランド「郡上木履」を立ち上げる。株式会社郡上割り箸の下駄事業部を経て、2016年に独立し、店舗と工房を運営する。

講師紹介②:國枝 あつ(くにえだ あつ)
1963年 京都市生まれ。
1995年 結婚に伴い、岐阜県へ。
2003年 郡上八幡に来るなり移住。
八幡お囃子クラブで唄を練習中だがポジションは、なぜか踊り子。郡上八幡博覧館で観光客を洗脳しつつ郡上おどりで世界征服を狙っている。

追加講師がある場合は随時お知らせいたします。

前回のワークショップの様子

参加申込みをする